福岡でのマンション売却のために知っておきたいこと教えます

媒介契約の種類

こちらでは、マンション売却における媒介契約の種類についてまとめてみました。

1つだけではない!?媒介契約の種類

媒介契約と聞くと、「?」と頭にはてなマークが浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。媒介契約とは、不動産の購入や売却を、不動産仲介会社に依頼するときに結ぶ契約のことです。

不動産会社にマンションの売却を依頼するときは、この媒介契約を結ぶことで正式な依頼となるのです。

この契約には複数の種類があります。それが、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3形態。

それぞれの特徴を見てみましょう。

複数の不動産業者との契約

  • 専属専任媒介契約…NG
  • 専任媒介契約…NG
  • 一般媒介契約…OK

自分で見つけた相手との交渉

  • 専属専任媒介契約…NG
  • 専任媒介契約…OK
  • 一般媒介契約…OK

指定流通機構への登録義務

  • 専属専任媒介契約…5営業日以内
  • 専任媒介契約…7営業日以内
  • 一般媒介契約…なし

業務処理報告義務

  • 専属専任媒介契約…1週間で1回以上
  • 専任媒介契約…2週間で1回以上
  • 一般媒介契約…なし

これらの特徴を鑑みると、「人気の地域で高く売りたい」という方には一般媒介契約、「とにかく早く売りたい」という方には専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約がおすすめといえます。

一般媒介契約を数社と結ぶ場合、不動産業者から見ると自社が成約できる可能性が減るため、専任と比べ広告・宣伝・販促活動を熱心に行わない可能性があります。

専任媒介契約・専属専任媒介契約は、最低でも週に1回は営業の経過報告をする義務があるので、売却活動の状態を常に把握できます。

仲介業者も契約期間内に物件を売却するため、積極的に宣伝や販促展開するので「早く売りたい、確実に売りたい、不動産会社との連絡も密にしたい」という方に向いているでしょう。

ただし、専属専任媒介をすすめてくる業者のなかには、他業者からの問い合わせがあっても「商談中」といって断ったり案内させないなどの「抱え込み」行為をする業者も存在するため、十分に気をつけてください。

 
マンション売却におすすめの不動産会社リスト【福岡編】