福岡でのマンション売却のために知っておきたいこと教えます

高額査定をした会社に頼むべき?

マンション売却における不動産業者の選び方のうち、一番の高額査定をした業者に依頼すべきかどうかについて説明します。

マンション売却での不動産業者の選び方【査定額編】

まず肝に銘じておきたいのが、「査定をお願いした業者のなかで、もっとも高い値段をつけてくれたから」といて、安易に契約しないこと。

「査定額が高いほうが、当然高く売れるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、不動産には相場が存在します。

自分の会社を選んでほしいがために、相場を無視したり、無理のあるような査定額を提示してくることも考えられるのです。

他社に比べてあきらかに査定額が高いうえ、「絶対に早く売れます」「すぐにいい買い手が見つかります」など、都合のよいことばかりを言う業者は厳しくチェックが必要。

仮に相場よりも高い査定額で売りに出したとしても、当然反響は無いに等しいでしょう。そして、そのままズルズルと値下げせざるを得ない状況になるのです。

それだけならまだしも、売れずに価格を下げ続けるマンションは、買い手側に「人気の無い物件」として見られてしまいがち。売却時期を逃してしまうことで、最終的には相場よりも下の価格でしか売れなくなることもあります。

それを防ぐためには、必ず相見積もりをとるようにしましょう。一番高い業者と、二番目に高い業者で査定額がかけ離れているようだと、要注意のシグナルといえます。

査定額の根拠や、どうやって売っていくのか販売計画がわからなければ、遠慮せずに質問することも大切です。もちろん、そこではっきりと明確な答えを出してくれる業者を選ぶことも重要。

とくに、売却のターゲット層はどこか、広告や宣伝の具体的なプランはあるのか、買取制度は設けているのかといったことは必ず聞いておきたいところ。

さらに、それらの質問に対しても「丁寧・親切に答えてくれたか」「納得できる内容だったか」「対応は早かったか」なども、優良業者を見分けるポイントです。

慎重に検討して納得のいく不動産業者を見つけてください。

 
マンション売却におすすめの不動産会社リスト【福岡編】