福岡でのマンション売却のために知っておきたいこと教えます

大手と中小のどっちがいい?

マンション売却における不動産業者の選び方ポイントのひとつ、会社の規模でのメリット・デメリットについて紹介しています。

マンション売却での不動産業者の選び方【会社の規模編】

マンション売却の仲介をしている業者には、さまざまな規模の会社が存在します。誰もが知っている大手業者から、少数店舗で地域に密着しながら営業している業者まで実にさまざま。

売却を依頼する場合、私たちにもっとも有利となるのは、はたしてどのような業者なのでしょうか。

■大手不動産業者のメリット

  • 大手ならではのネームバリューとブランド力で集客性がある。
  • スタッフ数や店舗数が多く、販売力が高い。
  • ある一定のサービスが期待できる。

■大手不動産業者のデメリット

  • サービスが横並びになりがちなため、細かいニーズには対応しきれない。
  • かかえる案件が多く、より大きな案件を優先しがち。
  • 担当者により対応がまちまちなことも。

□中小不動産業者のメリット

  • 地域に密着していることが多い。
  • 地域特有の特徴や傾向、情報に精通している。
  • 大手よりも細かいニーズに応えてくれやすい。
  • 取りこぼさないよう、1件1件丁寧に対応してくれる。

□中小不動産業者のデメリット

  • 大手に比べると、エリアが広がれば広がるほど販売力は劣る。
  • 物件所在地が対応エリア外な場合も。

どちらのタイプの業者に依頼するにしても、レインズ(REINS)と呼ばれる「不動産流通標準情報システム」によって情報の共有がなされているため、大手と中小で物件情報量の差はほとんどありません。

ですから、物件の情報量については「大小どちらの業者を選ぶか」という決め手にはならないのです。

また、なかには物件の「抱え込み」(レインズで売主の物件をほかの業者に公開せず、自社で買主を見つけたほうがより多く手数料収入が得られる)といって、ほかの業者から連絡がきても「商談中です」「お話が入っています」「買付が入っています」と、単独での仲介をもくろむ業者もいるので注意が必要。一概には言えませんが、この手の業者は歩合制営業マンの多い大手企業によく見られます。

業者を選ぶ際にもうひとつ、見ておきたいポイントがあります。

賃貸を中心に営業している業者か、それともマンションや戸建の売買を中心に営業しているのかも重要。

規模の大きな賃貸メインの業者より、規模は小さくてもマンション売買メインの業者のほうが断然おすすめ。少しでも高く売却できるコツや、早く買い手を見つけるためのノウハウなどが豊富だからです。

このような点から総合的に判断すると、規模の大きな大手業者よりも、小回りのきく中小の売買専門業者がおすすめといえるでしょう。

 
マンション売却におすすめの不動産会社リスト【福岡編】